Cafe Cappuccino

かふぇ・かぷちの/新幻想的独り言4 ねふぁの気まぐれな独り言

WACOMからGalaxy Note用スタイラス、Bamboo Stylus feelが出ると知り早速予約、到着、しばらく放置ヾ(-_-;) ようやく触る時間が出来たので感想を。書き味及びデザインや質感はこれまでのスタイラスに無い良さである。

箱入り

Bamboo Stylus feelは何種類か発売されているが、異なるのは長さと色、素材の様である。製品紹介ページはこちら

Galaxy Note用と通常版があり、今回筆者が購入したのはGalaxy Note用。

WACOMのタブレットは様々な製品に搭載されているが、スタイラスの仕様は異なり同じWACOMのスタイラスでも互換性があるスタイラスと無いスタイラスが存在する。このため、Intuosシリーズ間でもスタイラスの使いまわしは出来なくなっている。Bamboo Stylus feelの通常とGalaxy Note版は長さが違うだけで規格は共通の様であるが。Bamboo Stylus feelの互換確認はここに掲載されている

箱上部

さておき、Bamboo Stylusの中身。本体及び、説明書、替え芯が2ヶついている。

付属品

最初から刺さっている芯と替え芯1ヶはソフトタイプの芯、もう一つはハードタイプの芯となっている。

代替芯

筆者のGalaxy Noteには保護シートをはっているが、ソフトタイプはペン先が滑らず書き易いが書くのにやや力がいる感じ、ハードタイプは標準のスタイラス同様つるつる滑るタイプである。文字を速記する分には、ソフトタイプが滑らず読みやすい字が書ける気がする。まぁ、Intuosのフェルトタイプ同様好みの問題と思う。

本体の持ち易さはまぁまぁ。キャップ付の状態だと重心がやや後ろになる。

持った感じ

普段持ち歩く時はキャップを閉じる事が出来る。これまでのWACOMのスタイラスにはなかったお洒落感がある。

キャップした状態

キャップなしで持つとこんな感じ。

キャップなし

残念なのは、スタイラスの反対側に消しゴム機能がついていない事。スタイラス横のボタンはついている。

ペン先

後ろ側

さて、Galaxy Noteのスタイラスだが、本体標準のペンとBamboo Stylus feelと、ThinkPad X60 Tabletのスタイラスが対応している。(古いHPのタブレットPCやOQOなど他にも使えるのはあるがスタイラス単体の入手し易さで)

比較

ThinkPad X60用のスタイラスだと、消しゴムがついているのでGalaxy Note標準のメモアプリでも消しゴムで消す事が出来る。

消しゴム

デザインは、IBMらしいデザインではあるため好きな人は好きなのだろうが・・・。こちらのペン先は標準ペン同様ハードタイプのつるつる滑るタイプ。

ペン先はそれぞれ異なり互換性は無く芯を相互に交換する事は不可能。

ペン先

結論として、デザインや書き味重視ならBamboo Stylus feelがお勧め、消しゴムが欲しければThinkPad用スタイラスがお勧め、浪費癖があるなら両方買って(しかもBamboo Stylusはさらにお洒落なカーボンバージョンを!)使い分けるのが良しであろう。

Carbonバージョンの記事はこちら

Wacom Wacom feel IT technologies搭載端末用ペン Bamboo Stylus feel carbon CS400UK
Wacom Wacom feel IT technologies搭載端末用ペン Bamboo Stylus feel carbon CS400UK

ワコム Bamboo Stylusfeel SamsungGalaxyNoteブラック
ワコム Bamboo Stylusfeel SamsungGalaxyNoteブラック

ワコム Bamboo Stylusfeel SamsungGalaxyNoteホワイト
ワコム Bamboo Stylusfeel SamsungGalaxyNoteホワイト

レノボ・ジャパン ThinkPad X60 Tabletデジタイザー・ペン 41U3143
レノボ・ジャパン ThinkPad X60 Tabletデジタイザー・ペン 41U3143


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*