Cafe Cappuccino

かふぇ・かぷちの/新幻想的独り言4 ねふぁの気まぐれな独り言

今年も楽しいハクキンカイロの季節がやってきた。2012年にZippoのハンディウォーマーに出会い、一昨年からはハクキンカイロminiを愛用している。

寒い冬の愛用品、Zippoハンディウォーマー(別名ハクキンカイロ)

寒い冬にハクキンカイロ、のminiを買ってみた

今年であるが、夏にアメリカに行く機会があり、アウトドア用品のお店に立ち寄った際Zippoハンディウォーマーの6時間版と書かれたミニタイプを発見した。

dsc01685 dsc01686

国内でも売られていないか検索してみたが、バーコードで検索しても出てこないため国内ではまだ取扱いされていない様だ。

dsc01687

パッケージには本体、巾着ケース、オイル充填用の容器が入っている。

dsc01688

結構コンパクトなサイズでZippoの文字が美しい。付属の巾着ケースはハクキンカイロmini付属の巾着と違い、ぴったりフィットし安物感はあるが使う気になれる品質。

dsc01689 dsc01691 dsc01690

ノーマルサイズのZippoハンディウォーマー、ハクキンカイロminiとのサイズ比較。ハクキンカイロminiよりも一回り小さい。厚みはほぼ同じ。

dsc01694 dsc01695 dsc01696

付属火口はZippo仕様。

dsc01697

Zippo火口はハクキンカイロのPeacock火口より少し大きい為、Peacock火口を一応代わりに付ける事は出来るが奥まで入らない。とりあえず衝撃を与えなければ使う事は可能なので(衝撃を与えるとはずみで外れ易い)、筆者はPeacock火口で使用する予定だ。

dsc01700

購入時から気になっていた綿交換であるが、残念ながら交換不可であった。綿中央に穴が開いておりバネの様なものが見える。パッケージに「35% more heat」と書かれていたが、この穴によりオイルを気化し易くしているのかもしれない。

dsc01698

いつもの様に熱抑制とオイル長持ちのため、蓋の片側にアルミシートを貼って穴をふさぎ、リングストラップの紐をワイヤーに交換し取り付け。

dsc01701

dsc01702

2日程使ってみたが、一回のオイル注入で朝から夜まで15時間以上発熱が続き快適に使えた(オフィス内で使用、時間は環境により変わる)。

今年の冬も楽しく過ごせそうである。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*